生命保険に入る際、
保険料が安い掛捨て保険にするか、
多少高くても貯蓄性のある保険にするかで悩みどころです。
まずそれぞれの特徴をみていきましょう。

■貯蓄型の特徴
保障と貯蓄が同時にでき、解約や満期になると、お金が戻ってきます。
毎月自動的に引き落とされる保険料によって、確実にお金が貯まる事も大きな魅力です。
ただし、満期になる前に解約すると、返戻金が支払った保険料よりも少なくなる場合もあります。
相続税対策や老後資金の積立には貯蓄型がいいかもしれません。

■掛け捨ての特徴
保険料が安く、必要な保障のみ選択することができます。
デメリットとしては、満期になってもお金が戻ってきません。
更新型の生命保険の場合、保険料が値上がりすることもあります。
必要な期間を限定した死亡保障は保険料が安く子育て世代に当てはまります。
また、一生掛け続ける人が多い医療保険は、
家計の負担も抑えられる割安な掛け捨てが主流になっています。
大切なことは特徴を知り、
必要な保障は何か?を考え
目的合った保険に入ることです。
大切な人を守るためにも
時代に合った保障になっているかも一度ご確認してみてはいかがでしょうか?

お金のこと考えて
明るい未来を一緒に創りましょう
株式会社CLAP 久原 一真

■知らずに損をしていませんか?
経営者様向けお金をふやすセミナー
 「個人事業主様のための知っておきたい殖やすお金のはなし」
 「法人経営者様だけができる短期間で圧倒的な個人のお金を残す方法」
  ※どちらかご選択いただきます
  所要時間90分
  オンライン開催
詳細・お申込みはこのリンクから。
https://good-clap.com/syusei-special

■ 保険の見直し、ライフプランの見直しのご相談
https://good-clap.com/contact