2018年は記録的な強さの寒波が押し寄せる日々が続いておりますが、
こんな寒い日には家でゆっくり平昌オリンピックを観る人もいれば
自動車で温泉やスキーなど、このシーズンならではのイベントに行かれる方も多くいらっしゃいます。

そこで気を付けていただきたいことがあるのです。

実は、冬は車にとって過酷な季節なのです。
冬の寒い朝、早く起きて車に乗ってさあ出発!!

キュルルル、キュルルルル

エンジンがかからない。
こんな体験聞いたことありませんか?
自宅ならまだしも、旅先や路上で自動車が動かなくなったら最悪ですよね。
そんな時は2つのことを確認・行動してください。

1 自動車を安全なところに!
ロードサービスを手配する。

オススメは任意保険会社の無料で付帯されているロードサービスを活用することです。

2 ご自身が、目的地へ移動!
ここがポイントです。

近くに駅やバス停があり、それらが利用できる時間帯だとよいのですが、
温泉やスキーって山奥で早朝や深夜ってこともあります

そんな場合は途方に暮れずに、タクシーを呼んでください。
1000円は実費でかかりますが、それ以外はおひとり2万円限度に保険会社が支払ってくれるのです。

しかも、最寄りのホテル等に臨時に宿泊する場合は、1泊分の費用について、
1名につきそれぞれ1万円を限度に支払ってくれるのです。
保険会社によっては付帯されないサービスもありますので、
こんなお得なサービスはしっかり覚えておくと便利です。

保険会社によっては、急な故障以外にも、

・バッテリー上がり
・タイヤのパンク
・ガス欠

などにも対応しています。
加入されている自動車保険に付帯されているか、あらかじめご確認されることをお勧めいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です