人の器

喜びを話してくれる人には、ともに喜ぶ。

悲しみを語っている人には、ともに悲しむ。

否定はしないで

それに寄り添うことができる人は器がある人

では、同業者の人が成功したら、どうする?

バニラアイス

アイスクリームが美味しいかどうかは

バニラアイスを食べたら分かる。

何故ならどんな味のアイスクリームも、

基はバニラアイスだからである。

バニラアイスに味を加えて、他のアイスになるのである。

大切なことは、本質をしっかり作り上げること

それがあれば、なんでもできる。

ハッタリの流儀 堀江貴文

ハッタリ。大きいことを言う。

その実現に向けて恐れずに進むこと。

好きなものをとことんやりきる。

普通やりきっても60%くらい。それを80%までもっていく。

そうすれば、面白くなり120%できる。

その日々の力が「+」になり、「×」に変わっていく。

失敗なんか恐れるな。

走りながら学んでいく。今できないことでもともかくやってみる。

分からないことがあれば、その都度しらべてひとつひとつ乗り越えていく。

躓く理由

何事にも順番がある。

基礎 ⇒ 標準 ⇒ 応用

多くの人が 標準 で躓くそう。

その時は 基礎に戻る という選択をとる人がいるが、

それでも解決できない場合が多々ある。

そんな時は、基礎の前にある 初歩が出来ているか確認する必要がある。

第二の脳は腸

腸は第二の脳と呼ばれている。

セレトニンと呼ばれる気分が安らぐ、幸せ・安心ホルモンの

95%が腸に貯えられているからである。

だからストレスがかかると腸に影響があるのだという。

この仕組みを戦国時代でうまく活用していた。

戦場では敵地に偵察隊を送り込む。

その偵察隊は、何を偵察するかというと、

草むらの野糞なのである。

状態が柔らかければ、敵は精神的に弱い者と判断し

立派なバナナであれば、メンタルの強い敵だと判断したそうだ。

おばけを見に行け

イメージや、人の噂や、評判だけで、

怖い、しない方がいいと答えを出すけど、

実際、自分で体験してみると、大したことはほとんどない。

おばけを見に行った人だけ、ブルーオーシャンを見つけられる。

これ本当のはなし。

日々是精進

CLAPを設立してから、

たくさんの方々や書籍と出会い、たくさんのことを学びました。

その学びや考え方は、恰好よくユーモアのある人生にするための
道標になってくれています。

そんな琴線に触れた言葉や書籍などを残していこうと思います。

ファイナンシャルプランナー 久原のブログ