差額ベッド代とは、通常の大部屋と違い条件の良い個室等を使用した場合に、
患者に請求される大部屋との差額費用のことをいいます。

また、条件の良い個室というと1人で利用することを想定しがちですが、
4人部屋(病室の面積が一人当たり6.4平方メートル以上など)の場合にも
差額ベッド代が必要になることがあります。

差額ベッド代が必要な部屋の数は総病床数の20.5%
差額ベッド代が必要な部屋の約3分の2が1人部屋です。
差額ベッド代の1日あたりの平均は6,000円を超えています。

差額ベッド代は公的医療保険や高額療養費制度の適用外になり、
全額自己負担する必要がありますのでお気をつけくださいね。

お金のこと考えて
明るい未来を一緒に創りましょう

株式会社CLAP 久原 一真

————————————————–

■ 保険の見直し、ライフプランの見直しのご相談
  https://good-clap.com/contact

■ 経営者様向け知っておきたいお金セミナー

 「個人事業主様のための知っておきたい殖やすお金のはなし」
 「法人経営者様だけができる短期間で圧倒的な個人のお金を残す方法」
  ※どちらかご選択いただきます

  所要時間90分
  オンライン開催

詳細・お申込みはこのリンクから。
https://good-clap.com/syusei-special