保険の勧誘でなんとなく入ってしまう方、とりあえず誘われたまま契約を決めてしまう方がとっても多い保険だからこそ、お客様がどのようにして保険選びをするのが良いかを書き出してみました。初めて生命保険を検討する人も、乗換えを考えている人も読んでみてみてくださいね。

自分にぴったりの生命保険に加入するには、目的意識の整理が大切

自分にぴったりの生命保険に加入するには、目的意識の整理が大切です。目的のないまま他人にすすめられるままに生命保険に加入してしまうと、受け取れる保険金の額が不十分だったり、逆に必要以上の保険金を支払ってしまったりすることになります。

  • なぜ生命保険が必要なのか
  • どのような生命保険に加入するのが適切なのか
  • どの程度の保障が必要なのか

をまず整理してから、保険選びに入るのがおすすめです。

生命保険は、将来に起こりうる経済的なリスクに備えるために入るものです。生命保険に加入しようと考えた以上、何か心配事があるはずですよね。その心配事を書き出して明確にしていくと、自分が生命保険に入りたい理由が分かってきますよ。

例えば、「自分に万が一のことがあったときの家族の生活が心配」「自分が病気になったときの収入が心配」「子供の教育資金を自分で貯められるか心配」といったものが挙げられます。

将来にどのような経済的リスクが待っているかをなかなか自分で洗い出せない人は、一般的なライフステージから生命保険で備えるべき経済的リスクを考えてみるのも良いでしょう。ライフステージは、年齢や家族構成、将来自分がどういう人生を生きたいかで人それぞれです。自分が該当する年代や家族構成を参考に、生命保険に入る目的を明確にしていきましょう。

代表的なライフステージ

  • 結婚
  • 出産
  • 住宅を購入した
  • 会社から独立した
  • 子供が受験する
  • 会社を定年退職した
  • 子供が結婚した

例えば独身の場合、自分に万が一のことがあったとしても、遺される扶養家族は基本的にいないため、遺族の生活費を経済的なリスクとして考える必要はありませんが、死亡に関する経済的リスクは、葬儀費用などの一時的な出費が主体になるでしょう。一方で、ケガや病気に関する経済的リスクは大きくなりますよね。両親に頼れれば良いですが、自分しかいない場合は、ケガや病気の治療費や働けなくなったことによる収入減をすべて自分が負担しなければならないからです。

夫婦+子供の場合は、死亡に関する経済的リスクが非常に大きくなると考えられるでしょう。自分が主な収入源な場合は、自分に万が一のことがあると、家族の生活がままならなくなる可能性があるのです。子供の年齢によっては、大学進学などで教育資金が必要になる場合も多いです。自分に万が一のことがあって経済的に困窮すると、子供の将来にマイナスの影響を与えてしまうかもしれません。それは避けたいですよね。こんなふうに、想定するライフステージから、あなたが必要な守るべきことに対して保険をかけるというのが、保険を選ぶ理由なのです。

目的が明確になったら、次に実際に保険を探していきましょう。

とは言っても、全ての保険会社の全てのサービスを知るのは至難の業。そんな時に頼れるのがファイナンシャルプランナーです。お客様の目的に合わせて最適なプランを組みます。そして、相談は無料です。ぜひ相談相手として頼ってみてくださいね。