こんにちは!CLAPのスタッフです。

今日は「節約の方法」ではなく「節約体質になるためのコツ」について書いてみたいと思います。節約体質ってなんぞやって話なのですが、要は「無理せず節約できるように習慣づける」ということです。しかもこの答えは、実はとってもシンプル!なぜ節約できないか?

それは、

「めんどくさい」という感情と「自分でできるスキル」を磨いていないの二つがあるんです。

たとえば

  • ガソリン給油のセルフがめんどくさい→割高のガソリンスタンドに行ってしまう
  • 自分でネイルがうまくできない→ネイルサロンでお金がなくなる
  • 美容室で月一メンテ→自宅でのケアを怠ると「髪傷んでますね」に踊らされる
  • 会計ソフトの入力が面倒→他の人に依頼するのにお金を支払う
  • ついつい片付けがめんどくさい→清掃サービスに依頼で余計な出費

などなど、他にもたくさんあります。

苦手だとか、時間がないなどで、お金に余裕がある時に色々利用するのは良いと思うんです。でも、ただ「めんどくさい」というその場しのぎの感情で動いたり、自分でスキルを磨く努力を怠ると「手間のかかること」「習得に努力が必要なもの」はすべてお金で解決しなければならなくなってしまいますよね。そうすると、貯まるものも貯まりません。

一時的な感情や手間を惜しむのではなく、まずは一度、いや数回くらいは「自分でやってみる」を心がけるだけで、節約体質にはなれるのです。
ぜひ、がんばってみてくださいね。
スタッフでした。