子供の教育費の平均は?

家族にとって大切な宝物、子ども。

その子どもが、すくすくと育ってもらうためにもきちんとお金を準備するのも親の役目のひとつです。

頑張って教育資金を貯めよう!と強い気持ちで始められたと思います。

ではいくら貯めればいいのかご存知でしょうか?

私立や公立など希望する学校や進路により、必要な教育資金は大きく変わります。

計画的に教育資金を貯めるために一番大切なことは、「いつまでに」「どれだけ貯めるのか」ということです。

そこで、実際に必要な『教育費の平均額』についてまとめてみました。

■ 幼稚園にかかる教育費 

授業料+学校外活動費(塾代など)あわせると  私立は公立の約2倍!

※自治体の私立幼稚園就園奨励費補助金などは考慮せず
※子どもの学習費調査(文部科学省平成28年度)より抜粋

■ 小学校にかかる教育費 

小学校6年間の教育費は、授業料以外に、その他学校教育費(修学旅行・学校納付金・学用品・通学関係費)、学校外活動費(塾代など)
あわせると、公立は約193万円、私立は約916万円で約4.7倍の差。

※子どもの学習費調査(文部科学省平成28年度)より抜粋

■ 中学校にかかる教育費 

中学校3年間の教育費は公立は約143万円、私立は約398万円で約2.8倍の差。
私立は公立に比べて授業料がかかるうえに、その他学校教育費も多くかかります

※子どもの学習費調査(文部科学省平成28年度)より抜粋

■ 高校にかかる教育費 

高校で必要な学費は、公立高校が約135万円、私立高校が約311万円で、私立高校が公立高校と比べて約2.3倍。
私立高校は入学時に購入する制服代・カバンや部活動にかかるお金も公立高校に比べて平均的に高い傾向があります。

※子どもの学習費調査(文部科学省平成28年度)より抜粋

■ 大学にかかる教育費

大学生活にかかる費用は、「国公立か、私立か?」、「どの学部に進学するか?」によって左右されます。
医学部に進んだ場合は2000万円以上かかる場合もあります。

※国立大学は「国立大学等の授業料その他の費用に関する省令」(文部科学省)より抜粋
私立大学は「私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(文部科学省平成28年度)」より抜粋

子どもにかかる教育費は、進学のコースで大きく変わります。
たとえば、幼稚園から大学まですべて公立なら、教育費合計は約782万円。逆に、すべて私立(大学は私立文系)なら、2160万になります。
大学で医歯科系に進学すると、さらに大きく増えることになります。

『教育費の平均額』によって「いつまでに」「どれだけ貯めるのか」の目安がついたと思います。

しかし、目安はあくまでも目安です。
もう少し精度をあげるために、希望されている学校のホームページを見たり、
実際に通学しているお子様の情報を聞いたりすることが大切になってきます。

続いて『賢い教育費の貯め方』についてお話をしていきます。

⇒ 『賢く教育費を貯めるための3つのポイント』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です